2008年03月27日

悪材料とはなんじゃ?

悪材料とは株価の下落が予想される出来事がおこったり、ニュースで報道されること。これによって、株に携わる者たちが先行きを予想して株価が変動し、一般的には株価が下がってしまう。ここで買うのか買わないか?
管理人はこのときこそ買い時だと思う。
今から始めてあまり多くない資金でどう稼いでいくか。株価が下がった今買えば元手も安くすむ。株価が下がってこのままで世の中が落ち着いてしまうのか。そんな状況は多くないと予想する。人間のかかわる世界、いやそれだけにとどまらず、自然界全体は、すべて、行ったり来たりしながら進んでいくものだと思う。いったん下がったら、次は上がる。これは自然な動きである。よしんば下がり傾向の大きな流れのうちにあっても一方的に下がるだけではないのではないか。ちょっと下がってちょっと持ちこたえて、ちょっと下がって、、、を繰り返していくだろう。この考え方、楽天的すぎるのかもしれない。が、わしは試してみようと思う。底だと思って買ってみてさらに際限なく下がっていったら、長い目で見ていこう。なにはともあれ、上昇傾向にあるからと言って、まだいけるかな、お、上がり続けてる、まだいけるぞ、よし買おう、と上がりきり間際に買うようなことはしたくない性分なだけだ。
絶対なんてものはない。自分のやり方に従うだけだ。
ラベル:悪材料
posted by 体験する神4781259 at 20:56| 日記のようなもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。